--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/09/09

ドイツ人とドイツパンの話がしたかった

ハイジは白パンが食べたかったらしいが、私は黒パン派である。
黒パンはあの辺りの気候で育つライ麦が主原料のパンで、酸味が強いが香ばしくコクのある味わい深いパン。
ライ麦100%のプンパニッケルなどは見た目も強烈で(真っ黒なレンガのよう)、チーズに似た濃厚な味がする。
ライ麦と小麦をブレンドしたパンのほうが食べやすくて一般的。
ブレンドの比率でいろいろ名前がついているがなかなか覚えきれない。
クセが強いので毎日だとつらいかもしれないが、とにかく濃厚なパンが味わいたいときはドイツパンに限る。
これが日本人にはやっぱり受け入れにくいらしく、残念ながら我が家の近辺ではほとんど見かけない。

一昨年、かの島にて療養中、ドイツ人の奥さんを伴った人が転入との話を聞き、久々に独和辞典など引っ張り出してとても期待したが、いつまでたっても現れず。
この辺りじゃドイツパンが手に入らないからやめたのだろう。

次回東京行ったら、
大岡山ショーマッカー
ベッカライ・ヒンメル
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。