--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/10/05

グルテンフリー・ダイエット

アメリカで数年前から流行のグルテンフリー・ダイエット。
そもそもは小麦のグルテンに過剰に反応してしまう病気への対応として、パンやパスタなどの小麦製品のグルテンを澱粉類などで代用した食品が出回り始めた。
すると健康な人でも、これで腸の状態が改善されて体調が良くなったり痩せたりといった効果が確認され、新手のダイエット食として注目されるようになった。
これが今ではかなりの市場規模と聞く。
そこでちょっと調べてみると、何やらこれは私自身にも思い当たるフシが出てきた。

セリアック病といって、未分解のグルテンが小腸で過剰な免疫反応による炎症を引き起こし、栄養吸収ができなくなる。
これによる症状はさまざまだが、ガス、体重の急激な減少や増加、皮膚湿疹、等々がまさに自分に当てはまっている。
この病気ではないにしても、私の体調不良は腸に原因があるらしいということはわかっている。
このダイエット法(本来、dietという言葉は食餌療法、食養生を指す)がブームになるほどの効果を示しているというのであれば…。

またまた悩ましい状況になってしまった。
つまりパンをやめてみろ、という話なのだ。
ウェブサイトなどを見ると、たしかに各種グルテンフリーを謳う食品類は出回っているようだ。
かつての自然食品店めぐりを思い出す。
でも素朴な疑問として、小麦粉を捏ねる過程でグルテンが引き出されるはずなのだが、代用物を添加して、捏ねずにパンを焼くのかなあ。

さらに調べていくと、例のGOPAN”のサイトで、なんとグルテン添加不要の完全お米パンも可とあるではないか。
米粉のパンが静かに日本に浸透しつつあるが、膨らますのに小麦のグルテンを別途加える必要があった。
ここではグルテンの代わりに上新粉(=米の澱粉)を入れるのだが、あまり膨らまないとのこと。
このGOPAN、一時期売れすぎて販売中止になり、その後復活したようだが、やはり5万円という価格はチト高い。
少し待てば類似商品の登場でもう少し下がると期待していたのだが…。

…いま電器屋にTEL問い合わせてみたところ、メーカーのSANYOがPANASONICに統合された都合で、GOPANは生産・販売停止、類似商品も今のところ存在せず、またもや待ち状態。
ちゃんとサイトに書いとけよ!
中古品のオークションか?

単にパンやめてごはん食べれば、って話なんだが、ここまで苦悶するパン中毒者の自分って。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。